御嶽のふもと、長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
未分類 | お知らせ | 観光 | メディアアーカイブ | イベント | 協力隊の活動 | 村内行事 | 地域おこし情報 | 研修 | 王滝村情報 | ガイア | 養蜂 | 子ども | やらまいか | 再エネ | 氷雪の灯祭り | 2月6日氷雪の灯祭り |  | 
王滝村地域おこし協力隊員のブログ
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
リンク
プロフィール

teamOTAKI

Author:teamOTAKI
長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
平成28年度は計6名で活動しています!
こちらのサイトでは活動報告、イベントのお知らせなど幅広く発信していきたと思います。


お知らせ
※平成25年度の導入時は村の委嘱を受け、村のNPO自然科学研究所に所属して活動していましたが、平成26年度以降は、全隊員が役場の臨時職員として活動しています。



【作成者】
王滝村地域おこし協力隊

最新記事
月別アーカイブ
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.06.17 Tue
王滝村のすんき料理が「家の光」で特集されます!
JA農協の出版・文化団体「一般社団法人家の光協会」が発行する月刊誌”家の光”にて、王滝村のすんき料理が特集されます。

昨日は取材のために東京から家の光の記者が王滝村にいらっしゃいました!

ここで、すんきについてちょっと紹介!

すんきは全国でも珍しい塩を使わない乳酸菌発酵を利用したカブの葉の漬物で、王滝村では赤かぶの葉を使って冬前に作られます。
最初の乳酸菌のもとは山から採ってきた木の実などで作るそうですが、一度すんきを作ってしまえば、前年のすんきを使ってカスピ海ヨーグルトのように増やしていくことができます。
昔は前年のすんきを干しておいたものを戻してから、湯を潜らせた今年の赤かぶの葉と一緒に木桶につけることで作っていましたが、今は冷凍保存を使っています。

ちょっとすんきシーズンとは違うのですが、家の光がいらっしゃるといことで、いろいろなご家庭・お店からすんき料理が集まってきました!
家の光取材
とてもおいそそうです…

すんきはそのまま食べるだけでなく、すんきそば、すんき汁、すんきピザ、すんきチャーハンなど様々なアレンジができます!
すんきは独特の匂いがあるので、アクセントにぴったりです(苦手な人もいますが…)

今回急に頼まれて地域おこし協力隊高尾も昼休みに作ったすんきチャーハンを持って行きました(写真の隅に写っています…)


食べたことの無い方はぜひ一度ためしてみてください~~


高尾


スポンサーサイト

王滝村情報    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://otakiblog.blog.fc2.com/tb.php/154-c2827d37

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。