御嶽のふもと、長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
未分類 | お知らせ | 観光 | メディアアーカイブ | イベント | 協力隊の活動 | 村内行事 | 地域おこし情報 | 研修 | 王滝村情報 | ガイア | 養蜂 | 子ども | やらまいか | 再エネ | 氷雪の灯祭り | 2月6日氷雪の灯祭り |  | 
王滝村地域おこし協力隊員のブログ
≪2013.06  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2013.08≫
リンク
プロフィール

teamOTAKI

Author:teamOTAKI
長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
平成28年度は計6名で活動しています!
こちらのサイトでは活動報告、イベントのお知らせなど幅広く発信していきたと思います。


お知らせ
※平成25年度の導入時は村の委嘱を受け、村のNPO自然科学研究所に所属して活動していましたが、平成26年度以降は、全隊員が役場の臨時職員として活動しています。



【作成者】
王滝村地域おこし協力隊

最新記事
月別アーカイブ
「 2013年07月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.07.30 Tue
御嶽湖レガッタ教室
今日の午前中は御嶽湖にてレガッタ教室がありました!
王滝村は愛知用水の水源の村として様々な下流域の自治体と交流していますがその一つである東郷町さんとの共同企画として行われました。
王滝村では毎年東郷町のレガッタ大会に役場の職員の方が参加されていて、今年も8月4日に控えています。そこで今回はその大会に向けた練習も兼ねて、レガッタ体験教室が開かれ、協力隊も参加させてもらいました。


P7301382_R.jpg

レガッタに乗るのは初めてでもちろんそれも面白かったのですが、何より御嶽湖の湖面に降りるということがなかったので、貴重な体験となりました。冬になれば全面凍結で湖面に乗ることができますが、今の時期はこのような船にのるしか方法はありません。

レガッタは4人でオールを操作し息を合わせて進んでいく乗り物ですが、なかなか最初はうまく行かず難しかったです。ただ、だんだんとやり方が分かってタイミングが会った時には「スー」っと気持ちよく船が進んでいく感覚があって、とても気持ちよかったです。

東郷町の役場の指導員の方々も気さくな方ばかりで終始楽しい教室となりました。
今後も東郷町さんとの交流が活発になっていくようなお手伝いをして行きたいと思っています。
スポンサーサイト

村内行事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.07.26 Fri
【王滝村こどもキャンプ2013夏】その②
王滝村こどもキャンプレポートの続きです!

P7231380_R.jpg
2日目の夕方までは滝越地区の自然を見て回りました!
写真は桐の葉っぱの傘を指している集合写真です~~


P7231464_R.jpg
夕食はバーベキュー!
新聞紙なし・マッチのみでの火起こしは初めての子どもたちにとっては、なかなか大変でしたがその分美味しいごはんができました!
大きなお肉を棒にさして焼きたい!という子どもたちの願いがかないました~~
同じお肉でもこうして食べると格別の味でした!


P7231469_R.jpg
うーん、おいしそう!!


P7241535_R.jpg
3日目はあいにくの雨でしたが、お昼ごはんのためにニジマスのつかみ取りをしました!
しかし雨で水が濁っていたり水量が増していたりで難易度が高く、1人1匹捕まえるまでに2時間近くかかりました。。。
泳いでる魚を捕まえるのは本当に難しいですね!


P7241540_R.jpg
遂にニジマスゲットーー!!


P7241608_R.jpg
この日の午後は体が冷えたので古民家の中で大運動会!
写真は種目の一つ、しゃがみずもう


P7241623_R.jpg
最後の晩御飯ももちろん手作り!
飯ごうで炊いたご飯、村の野菜サラダ、スパニッシュオムレツ、それからダッチオーブンで作ったロールキャベツ!

P7241626_R.jpg
どれも本当に美味しかったです!
自分たちで火をおこし、作ったごはんは最高でした。


P7251725_R.jpg
最終日は天気が回復したので少しだけ川に行きました。
滝越地区を流れる「白川」に行きました。
晴れていて暑かったので川は気持ちいだろうなーと話していましたが、それでも水はとても冷たくて長い時間は入っていられませんでした!
王滝村恐るべし。


P7251765_R.jpg
最後の一枚は白川の下流の岩山での写真です。
最終日の出発ギリギリまでたのしく遊ぶことができました!


今回のキャンプは参加者は少なかったのですが、その分スタッフとの距離は近く、古民家をベースとして家族のように終始楽しく、自然の中でのびのびと遊ぶことができました。
参加してくれた子どもたちは村のなかでは一段と元気になったようで、いつも目がキラキラと輝いていました。いのちを刺激する、美しいものがたくさんある王滝村の力だと思います。
子どもたちのちからを引き出し、感性を開放させてくれる王滝村の力を改めて実感した4日間でした。

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.07.26 Fri
【王滝村こどもキャンプ2013夏】その①
7月22日~25日の3泊4日で王滝村こどもキャンプ2013夏を開催しました!
(キャンプについての詳細はこちら
東京から小中学生が参加し、間伐やホームステイなど王滝村の「自然・人」に触れ合う様々なアクティビティをおこないました。

それではキャンプの様子について時間に沿ってお伝えしたいと思います!

IMG_5157_R.jpg
まず初日の22日の午後は王滝村の研修林で「間伐体験」をおこないました!
森を明るく元気にするために細い木や密集している木を切っていきます。
ノコギリの使い方に苦労しながらもみんなで協力してたくさん大きな木を切り倒していきました。

IMG_5195_R.jpg
約2時間間伐作業をした成果が上の写真です!!
これらは薪木などとして使われていくのですが、それらがとても大変な過程をもって作られているということについても実感することができました。
みなさん、お疲れ様でした!



IMG_5214_R.jpg
そして間伐の帰り道に「新滝」に寄り道。
王滝村にはその名の通りたくさんの滝がありますがこちらの滝は高低差も大きく裏にも入れるオススメの滝です。
間伐で汗をかいたあとだったので滝の風圧とみずしぶきがとても気持ちよかったです。


IMG_5230_R.jpg
そして初日の夜は村内の民家に分かれてホームステイをおこないました。
ホームステイでは一宿二飯の恩義として2日目の午前にはお手伝いも行いました。
王滝村の自然だけでなく人の温かさにも触れることができた良い機会になったのではないかと思います!




P7231342_R.jpg
2日目の昼からは王滝村の中でも一番奥、川の上流にある「滝越地区」の元民宿の古民家にステージを移しキャンプのをスタートしました!
上の写真は古民家の周りの自然観察ウォークの様子ですが、村の植物はかせのおじさんに御協力を頂いて色々な食べられる植物・毒草などを見つけて行きました!


P7231364_R.jpg
ちょっとあるいただけで道端に本当にたくさんの植物があることがわかり、王滝村の植生の多様性を感じられる機会となりました。

キャンプのレポートは次の記事に続きます!

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.07.17 Wed
王滝村へのアクセス・行き方!
王滝村の活動など情報発信する中でありがたいことに「王滝村へ行きたい!」という連絡を本当にたくさん頂きます。
王滝村と外とのつながりを広げていくのも役割の一つですので休日にいらっしゃる場合は色々と交通手段等サポートしますのでご連絡ください!

自力で旅行に来たい!という方もいらっしゃると思いますので東京・名古屋方面からの王滝村へのアクセス情報についてまとめたいと思います。
こちらの記事を読めば、正確に安く王滝村に辿りつけるとおもいます!


<王滝ってどのへん!?>
まず王滝村の場所はこんな所です。
長野県の最西端に位置し、岐阜の県境になります。

大きな地図で見る


アクセスの手段はいろいろありますがイラストにまとめるとこのような形になります。
王滝村アクセス

王滝村の最寄り駅はJR木曽福島駅というところで公共交通手段を使う場合はココが中心になります。ただ、そこから村までは路線バスか車になるので、やはり村内での移動を考えると自家用車かレンタカーがオススメです。


<東京からのアクセス>
いくつかパターンに分けてご紹介します。


◯東京から車で来る場合
概要:東京から車で来るルート。4名以上くらいからお得になります。村内の移動も楽ちん。
片道予算:高速料金約4000円+ガソリン(270km)
ルート:中央自動車道をずっと西へ→伊那ICで降りる→権兵衛トンネルを抜けて木曽福島通過→王滝村
時間:4時間半~5時間(混んでいると6時間以上)
参考URL:ドラぷら



◯木曽福島駅経由
概要:木曽福島までと木曽福島から王滝で手段がいろいろあります
 【新宿駅-木曽福島駅】
  片道予算:特急JR9000円(塩尻駅経由) 高速バス4500円(往復、回数券あり)
  時間:特急JR3時間 高速バス4時間30分
  参考URL:特急JR  高速バス
  ※新宿-名古屋-木曽福島が若干早いが新幹線を使うので高い

 【木曽福島駅-王滝村】
  ●路線バス
  料金:200円 時間:30分 1日10本以下
  参考URL:路線バス時刻表
 
  ●レンタカー
  参考URL:木曽福島駅JR駅レンタカー



◯伊那IC経由(ICを出たところにバス停あり)
概要:伊那までの高速バスはとても安いので利用価値アリです。
 【新宿駅-伊那IC】
  片道予算:1800~3300円 ※バス会社によって異なる
    時間:3時間半~4時間
    参考URL:本数が少ないが安いバス 1時間に1本あるが高いバス

 【伊那IC-王滝村】
  現在公共交通手段はありません。現地で迎えなどが無ければレンタカーになります。
   予算:伊那IC横にニコニコレンタカーがあり、4000円/日程度です
  参考URL:ニコニコレンタカー伊那店




<名古屋からのアクセス>

◯名古屋から車で来る場合
 時間:2時間半
 ルート:中央自動車道と国道19号

◯電車で来る場合
 特急しなので名古屋駅→木曽福島駅まで一本です。
 片道予算:4500円(成人特急利用)
   時間:1時間半
  参考URL:JR東海中央本線




以上、簡単ですが東京・名古屋からのアクセス情報になります。
村での移動を考えるとやはり車が便利ですので、複数人集めて東京から車というのがベストです。公共交通手段は待ち合わせなどの兼ね合いもありますので。
それから参考までに車を使わずに東京から王滝村に来る場合ですが土日を想定すると

土曜日
8:10 新宿駅高速バスターミナル発 
12:25 木曽福島駅着
13:40 路線バスで木曽福島発
14:20 王滝村着

日曜日
14:30 路線バスで王滝村発
15:07 木曽福島駅着
15:40 高速バスで木曽福島駅発
19:55 新宿高速バスターミナル着

というのが公共交通手段で一番安く長く村に滞在できる日程になります。
これでだいたい交通費が9000円で、滞在時間24時間です!



以上で終わりますが何か質問等あればどしどしお寄せ下さい!
そしてみなさん、どんどん王滝村に来て下さい~~~!!!

※本記事の情報は2012年7月時点のものですので、ご利用の際は最新情報をお調べ下さい。

王滝村情報    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.07.10 Wed
「協力隊だより」発刊など
先週、村内の回状で「協力隊だよりVol.1」を発刊しました。
王滝村地域おこし協力隊の隊員の自己紹介や、4月から3ヶ月間の活動報告等が主な内容となっております。
御興味のある方は下記リンクより御覧ください。
「協力隊だよりVol.1」PDF


その他活動報告としては先週末は東京にて上級救命講習会を受講しました。
こどもキャンプや学生向けのイベントなど野外活動が多いので、万が一の場合のために勉強してきました。
特に王滝村は総合病院まで距離があるので、ファーストエイドが非常に重要になります。

別のお話になりますが、先週末の東京はものすごく暑く、「早く王滝村に帰りたい!」と思って帰ってきてみると王滝村もかなり暑いです。
この時期に梅雨が終わって、30度以上を記録するようなはかなり異常だそうです。

ただ、天気続きのおかげで夜の星はとてもよく見えます!
先日は七夕でしたが天の川もはっきり見えました。
王滝村は日本有数の星空観察スポットでもあるので、星好きの皆さん、ぜひお越しください!!

IMGP7085 - コピー_R

村内行事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.07.02 Tue
御嶽山登山道整備
今日は御嶽山登山道整備作業に参加しました。
王滝村の役場職員の方はもちろん、東京などからも登山道整備のためにたくさんの方がボランティアで集まってくださいました。
やはり御嶽山には人を惹きつける力があります!



P7021255_R.jpg
朝の作業開始行事の様子です。村長や御嶽神社の宮司さんからの御挨拶がありました。
御嶽山を富士山に続く世界遺産にしようという意気込みもあり、これからもずっとこの整備作業を続けていこうという思いをみなさん持たれていました。


P7021260_R.jpg
コチラは整備作業の風景です。スコップやじょれんを持って登山道を登りながら、側溝や浮き石の整備をしていきます。
多くの方に少しでも安全に御嶽山を楽しんで頂くために念入りに作業しながら頂上を目指します。


P7021267_R.jpg
9合目付近から雪渓が見られました。今年は去年より残雪が多いようです。
残念ながら雷鳥は見られませんでした。。。
階段なども直しながら登っていきます!



P7021286_R.jpg
王滝頂上を経て、最高地点(3067m)の剣ヶ峰へ!頂上ではかなりガスってしまいました。
奥に見えるのは二の池で、ほとりには山小屋があり現在夏に向けて準備の真っ最中です。


下山時も登山等をチェックしながら歩き、今日の作業は終了しました。
やはり頂上付近は気持ちが良く、これだけの山が近くにあるのはいいなぁと思いました。
御嶽山と王滝村は切り離せません!

村内行事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。