御嶽のふもと、長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
未分類 | お知らせ | 観光 | メディアアーカイブ | イベント | 協力隊の活動 | 村内行事 | 地域おこし情報 | 研修 | 王滝村情報 | ガイア | 養蜂 | 子ども | やらまいか | 再エネ | 氷雪の灯祭り | 2月6日氷雪の灯祭り |  | 
王滝村地域おこし協力隊員のブログ
≪2013.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2013.07≫
リンク
プロフィール

teamOTAKI

Author:teamOTAKI
長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
平成28年度は計6名で活動しています!
こちらのサイトでは活動報告、イベントのお知らせなど幅広く発信していきたと思います。


お知らせ
※平成25年度の導入時は村の委嘱を受け、村のNPO自然科学研究所に所属して活動していましたが、平成26年度以降は、全隊員が役場の臨時職員として活動しています。



【作成者】
王滝村地域おこし協力隊

最新記事
月別アーカイブ
「 2013年06月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.06.27 Thu
中学生の慰霊碑清掃作業をお手伝いしました
→続きを読む
スポンサーサイト

村内行事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.24 Mon
中学校で地域おこし協力隊の仕事を紹介しました
先週21日金曜日に王滝村中学校の進路の授業にて講演をさせて頂きました。
今回は村に新しく来られた駐在さんと一緒に仕事の内容紹介という形でお招き頂きました。

中学1~3年生のみなさんが真剣に話を聞いてくださり、質問もしてくれてとても盛り上がりました!
私は今年の3月に大学院を卒業して、子どもたちに年齢が近い(?)ということもあり、高校・大学の生活についての話もさせてもらいました。


中学生に地域おこし協力隊の仕事を知ってもらえるキッカケになったのはもちろん、中学生の子どもたちみんなとつながりを作れたのがとても良かったです!

村内行事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.23 Sun
Google Seminar for Nonprofits 2013 に参加しました。
昨日は先月のキックオフランチに続き、Google Seminar for Nonprofits 」というイベントに参加をさせて頂きました。
六本木のGoogle株式会社を会場として行われました。


Google for Nonprofitsとはグーグルの持っているリソースやソリューションを社会貢献活動のプロフェッショナルである、NPOなどの活動に役立てるプロジェクトでアメリカでは本格的に始まっていますが、日本ではまだまだこれからという状況です。
Google for Nonprofitsの具体的なサポート方法としては、Google AdWordsの広告の月々一定額までの無償提供や、Google Appsなどの有料サービス無償化などがあります。


今回は前回のキックオフランチを経て、より規模を拡大し多くのNPO,非営利団体の代表者に対して具体的なGoogleのツールの活用法のワークショップが行われました。
具体的には、Analyticsを使ってどのようにWebサイトやイベントページのアクセスを上げるか、Appsのフォームやドライブを使った組織内の情報共有をどうするか、など実践的なトレーニングとディスカッションという形でした。
知らない知識も多々あり、地域おこしのような少人数で様々な役割をそれぞれが担うような場合には、このようなツールは欠かせないと実感しました。

またワークショップ後には数十の非営利団体の代表者との交流の場があり、そちらも非常に良い経験になりました。
まだ検討途中ですが、交流会の中で王滝村をフィールドとした新たな企画のアイデアも生まれ、今後につながる集いになりました。
google.jpg

研修    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.20 Thu
沖縄県久米島町視察②
久米島町視察報告の続きです。



役場・教育委員会等以外にも久米島で活動されているNPOを訪問して来ました。
NPO法人球美の里という、東日本大震災以降に福島県の子どもたちの保養キャンプを行なっている施設です。
IMG_4817_R.jpg
代表はチェルノブイリのレポート等で有名なフォトジャーナリストの広河隆一先生で、他にも様々な企業団体の支援を受けて球美の里は活動されています。
プログラムとしては福島で子どもたちを集め夏休みなど中心に1~2週間単位で球美の里で受け入れて集団生活をしながら久米島の自然でおもいっきり遊んでもらうというものです。
また乳幼児の場合は保護者の方も一緒に宿泊が可能でご家族でいらっしゃることもあります。
近くに原発は無く、気兼ねなく子どもたちを水や土の側で遊ばせてあげられるということで参加者の保護者のみなさんは大変喜ばれるそうです。


王滝村も自然に恵まれた源流の里で、今回のような災害時でも子どもたちが安心して遊べる場所として発信していければと思いました。実際は東京の子を持つ親のみなさんの中でも福島への関心が薄れてきている方は多く、球美の里の参加者も減ってきているそうです。
ただ、今後またこのような震災などがあったときに子どもたちが移ってきて安心して遊び・学べるようなむらづくりもして行きたいと思っています。



それから久米島の滞在最終日には久米島高校の先生方との交流を兼ねて座談会で話をさせて頂きました。大きな塾の無い久米島でも本島や本土と変わらない教育を受けられるよう、スカイプ授業・塾の導入や積極的な留学プログラムなども考えておられます。
王滝村でも村の子どもたちの教育に私自身もサポートできる面があるのではと思い、今後そのようなプロジェクトも練っていきます。
久米島高校での取り組みは王滝村にも通じるところがあり、今後も情報交換をしながらよい取り組みができればと思います。


最後に、NELHA(ハワイ自然エネルギー研究所)の方などに同行して訪れた久米島で一番綺麗な場所、ハテの浜(満潮でも沈まない砂州)の写真を載せて久米島視察レポートを終わりたいと思います。
IMG_4877_R.jpg

地域おこし情報    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.19 Wed
沖縄県久米島町視察①
先日、沖縄県久米島町に訪問して来ました。
もともと協力隊の高尾が所属しているNPO法人ガイア・イニシアティブの活動でつながりのある島で、ガイアは高校の魅力化プロジェクト等に関わっています。
そして、久米島は離島で自然が豊富なことから「いのち輝く島ビジョン」を掲げ、先進的な取り組みに多数取り組んでおり、それらの視察や今後の協力の可能性を検討するため、今回滞在してきました。



まず、久米島高校ではガイアの現地メンバーと共に、高校の先生や生徒のみなさんにヒアリングを行いました。高校魅力化プロジェクトの一環で、島内・島外の子どもたちを久米島高校に呼び込むために新しくパンフレットをつくるための取材も兼ねています。
IMG_4823_R.jpg
久米島高校は久米島唯一の学校で、久米島の元気を支えている重要な要素で島民のみなさんもそれを実感しており、島根県海士町の事例等も参考にしながら魅力化のために、役場・教育委員会・学校が一体となって様々な取り組みをされています。
パンフレットづくりの他には、夏期に予定しているハワイ・コナ市への高校生の留学サポートもあります。
同じ島国で、このようなつながりを作っていくことは双方にとってかならず良い影響をもたらしてくれると思います。
王滝村に高校はありませんが、地域の元気のために子どもたちのコミュニティを活性化させるという目標で自治体が一体となっている点は非常に参考になると思いました。



それから、町長を始め何度か役場・教育委員会の方ともお話をする機会を頂きました。
昨年、町長を中心とした構造改革で地域おこしの成功事例として注目されている(具体的にはIターンの活性化や高校の魅力化など)島根県隠岐郡海士町に視察旅行に行き、その後島で海士町の方に講演をしていただいたのがキッカケで、役場がまとまり島の活性化に取り組む流れになったというお話でした。
役場の「プロジェクト推進室」の皆さんを中心に様々な取り組みがなされています。先程上げた高校魅力化に加え、持続可能エネルギーでの自立を目指したプロジェクト、全島WiFi化プロジェクトなど、先進的なものが目白押しです。
これらはすべて「いのち輝く島」を目指して掲げられています。



持続可能エネルギーでの自立という話がありましたが、すでに久米島が取り組んでいるものとして「海洋温度差発電(OTEC)」があります。これは海洋深層水と表層水の温度差でタービンをまわし発電するもので、6/16に世界初の実証プラントの通電式が行われました。
IMG_4914_R.jpg

通電式には開発に関わった佐賀大学、株式会社Xenesysや横河電機などに加え、島尻安伊子先生など政治家の方もいらっしゃり、非常に意義深い交流ができました。
今回稼働したものは100kWと小規模ですが、いずれは久米島全体が自然エネルギーで自立するために大きな役割を担っていくことになります。


海洋温度差発電所の通電式に伴いシンポジウムも行われました。
IMG_4926_R.jpg
シンポジウムでは海洋温度差発電の権威の高橋先生(東大)、ガイアの野中ともよ代表、NELHA(ハワイ自然エネルギー研究所)のメンバー、佐賀大学の池上先生などがご講演されました。
海洋温度差発電を中心に久米島をエネルギー地産地消の「いのち輝く島」にしようという取り組みに向けたすばらしい集いになりました。


王滝村も陸続きではありますが大きな町からは離れていて、水資源や日射量も豊富なので再生可能エネルギーで村を支えていくということも可能ではあると思います。
最初は村内への太陽光発電システムの導入などからお手伝いできればと思いますが、王滝村でも長期的なビジョンを掲げてこのような先進的な取り組みが行えるよう考えて行きたいと思います。

その②に続きます。

地域おこし情報    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.12 Wed
王滝村こどもキャンプの情報が掲載されました!
→続きを読む

お知らせ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.10 Mon
こどもたちのデイキャンプに参加しました!
今日は小学校の代休に合わせ、村内の子ども育成会主催で「ほりでーくらぶデイキャンプ」が開催されました!
協力隊もスタッフお手伝いという形で参加させて頂きました。

王滝村中心部から御嶽山登山口へ上がっていく途中にある「銀河村キャンプ場」にて、野外クッキングとレクリエーションを行いました!

お昼のメニューは
火おこしに始まり、飯盒炊爨をしたり、ハンバーグを焚き火で焼いたり、子どもたちはもちろんスタッフの大人にとっても貴重な体験でした!

食事の後のレクリエーションもとても盛り上がり、協力隊も地元の子どもたちとより深く知り合える良いキッカケになりました。


今後もできるかぎりこのような地域行事には参加をしていきたいと思います!



IMG_4789_R.jpg
↑焚き火でハンバーグを焼いています!

村内行事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.05 Wed
「王滝村こどもキャンプ2013夏」のお知らせ
王滝村こどもキャンプ」を開催します!

東京名古屋等の都会の子どもたちに王滝村の自然の中で思いっきり遊んでもらおうというツアーで、昨年はNPO法人ガイア・イニシアティブ主催で行いましたが、本年度はNPO法人自然科学研究所主催で行い、地域おこし協力隊が運営に携わります。
3泊4日のキャンプ期間、王滝村「自然」「人」とふれあう中で、子どもたちがちょっぴり成長できるような、キッカケづくりができればと思っています。
詳細は専用ホームページに記載しておりますので御覧ください!

王滝村子どもキャンプホームページ

P8200102_R.jpg


お知らせ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.04 Tue
王滝村運動会ツアー(2日目)
王滝村運動会ツアー2日目(6/2)の報告です!
6/1に運動会に参加しましたがその後は村内の民家に分かれて”ホームステイ”をさせて頂きました。
ですので2日目の午前中はそれぞれホームステイ先で過ごし、お手伝いなどをさせて頂きました。


IMGP7059_R.jpg
今回は3軒の御宅に分かれてお世話になりました。
いずれのご家庭でも素晴らしいもてなしを頂いて、夜にはホームステイ先のご家族とお話をする時間もあり、参加者にとっては貴重な体験になったと思います。



IMGP7070_R.jpg
こちらはホームステイ先のお母さんに山菜採りに連れて行ってもらったチームです!
裏山の道なき道を上がった先にミツバがたくさん採れるスポットがありました~



IMG_4710_R.jpg
昼食は公民館に集合して「五平餅づくり教室」を行いました。
先生は村のおばあちゃんで、村内の小学生にも声をかけてたくさん参加して頂きました。
ツアー参加者のメンバーと子どもたちを合わせて約20名でエゴマをすりつぶしてタレを作るところから取組みました。
前日の運動会で触れ合った子どもたちも多く参加してくれていたので、最初から和気あいあい楽しくできました!



P6021248_R.jpg
完成した五平餅はさっそくみんなで頂きました。
学生チームでつくった「おさい」も一緒にたべました。
やっぱり自分たちで作った料理はおいしいですね!
沢山つくったタレはほとんど綺麗に舐めて無くなってしまいました~



P6021251_R.jpg
最後はツアー参加者の出発時間まで校庭でおもいっきり遊びました!
こおりオニとドロケイをやりましたが、ツアー参加者の学生たちは「懐かしい~」と言いながら全力ダッシュをしていました!


この後は子どもたちやお世話になったおばあちゃんたちに御礼を伝え、村を出発しました。

今回のツアーはこれまで以上に村の「人」と触れ合う機会の多いツアーで、参加者にもより王滝村との「心のつながり」を強く感じてもらえたのではないかと思います。
小規模のツアーではありますが、それぞれの参加者が強く王滝村と繋がってくれるような内容のものをこれからも作って行きたいと思います。

運営に御協力頂いた村民の皆様、ツアー参加者の皆様、本当にありがとうございました!

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.03 Mon
王滝村運動会ツアー(1日目)
5月31日~6月2日の日程でNPO法人ガイア・イニシアティブと共催で「第15回王滝村+1の森ツアー ~村の運動会に参加しちゃおうツアー~」を行いました!
写真を交えて活動風景を報告して行きたいと思います。

本ツアーは6月1日のふれあい運動会(村民運動会)に合わせて開催したもので、協力隊員の高尾が学生時代から所属しているガイアで2年前より行なっているものです。
本年度は王滝村小中学校の運動会が1学期に移ったため、例年より早い6月のツアー催行となりました。

まずは5月31日~6月1日の報告です!
今回は東京・千葉・岐阜から10名の学生・社会人の方が参加してくださいました。

IMG_4668_R.jpg
5月31日は移動日でした。
東京(荻窪)を夜出発し、真夜中に王滝村にガイアが借りている古民家「ガイアハウス」に到着して仮眠を取りました。


IMG_4675_R.jpg
6月1日はなんと皆さん5時30分に起床!
そのまま御嶽神社里宮にお参りしました。
とても長い階段があるので大変です~


P6011073_R.jpg
神社参拝後は村のおばあちゃんのお宅におじゃまして、朝食に「朴葉寿司」を作りました!
ちらし寿司を朴葉の上にのせてつくります。


IMG_4684_R.jpg
朝食後にはそのままおばあちゃんの畑のお手伝い体験!
今回は草取りとトウモロコシの苗植えをお手伝いしました。
小学校の体験授以来、畑仕事はやってない!という参加者の方もいらっしゃったのでいい経験になりました~


P6011097_R.jpg
畑仕事の汗を流しに清滝へ!!
雨の後で、少し水量も多く、マイナスイオンに癒されました^^
冬の凍った滝の話をすると「今年の冬も来たい!」という声が聞こえました。


P6011118_R.jpg
昼からはいよいよふれあい運動会に参加です!
実行委員会の運営のお手伝い(用具の準備など)をしながら、競技にも複数参加させて頂きました。
上の写真はムカデ競争に参加したチームです!


P6011121_R.jpg
ツアー参加者だけでチームを出すのでは無く、小中学生と誘いあいながら合同チームでも出場をしました。
上の写真もムカデですが、地元の小中学生との合同チームです!
20代のお兄さんお姉さんは歳が近いからか、子どもたちも話しやすく、多くの子どもたちが一緒に競技に参加してくれました。


P6011182_R.jpg
もちろん運営のお手伝いもします!上の写真は障害物レースの「パン食い競走」の部分のお手伝いですー
他にも玉入れのかご支えなど、楽しくお手伝いをさせて頂きました!


天気がかなり心配されていたのですが、終日雨も降らず運動会は大成功に終わりました!
当日の楽しいところだけ参加させていただいたのですが、快く受け入れてくださった村のみなさんに感謝出いっぱいです。
来年度以降は事前準備なども村外のワカモノを連れてきて関われるともっと良いかなと考えています。


それではツアー報告2日目は次の記事に続きます!




イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。