御嶽のふもと、長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
未分類 | お知らせ | 観光 | メディアアーカイブ | イベント | 協力隊の活動 | 村内行事 | 地域おこし情報 | 研修 | 王滝村情報 | ガイア | 養蜂 | 子ども | やらまいか | 再エネ | 氷雪の灯祭り | 2月6日氷雪の灯祭り |  | 
王滝村地域おこし協力隊員のブログ
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
リンク
プロフィール

teamOTAKI

Author:teamOTAKI
長野県木曽郡王滝村で活動する地域おこし協力隊隊員のブログです。
平成28年度は計6名で活動しています!
こちらのサイトでは活動報告、イベントのお知らせなど幅広く発信していきたと思います。


お知らせ
※平成25年度の導入時は村の委嘱を受け、村のNPO自然科学研究所に所属して活動していましたが、平成26年度以降は、全隊員が役場の臨時職員として活動しています。



【作成者】
王滝村地域おこし協力隊

最新記事
月別アーカイブ
「イベント 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.09.25 Fri
王滝村おんたけ復興ウォーク
王滝村地域おこし協力隊・小池の研修先である、おんたけ休暇村からのご案内です。

御嶽山の噴火から1年。今なお入山規制や風評等により、観光、経済に大きな影響が出ています。
王滝村の支援を目的に、長野県や岐阜県のノルディック・ウォーク連盟を始め各関係団体にご支援をいただき、「王滝村おんたけ復興ウォーク」を10月4日(日)に開催することになりました。当休暇村も実行委員会のメンバーとして携わっておりますが、今日現在参加者がいま一つの状況にあります。開催まで1週間余りと期間が少なく誠に恐縮存じますが、趣旨をご理解いただき、皆様にご参加を賜りたくご案内申し上げます。
詳細は、下記URLよりダウンロードをお願いします。...
http://www.ontake.jp/special/ontake-walk


12009683_686402841459627_6388533555424743208_n_R.jpg        12019777_686402878126290_6448525196825099797_n_R.jpg
スポンサーサイト

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2015.03.23 Mon
第7回王滝のみらいを考える集い~シンポジウム~
3月21日土曜日に第7回王滝のみらいを考える集いをNPO法人自然科学研究所と開催しました。

「今後の村づくりを考える」というテーマで4人の講師の方にお話を頂き、村民のみなさんも参加しながら意見交換を行ないました。

IMG_0348_R.jpg

まず最初は『水源を活かした地域づくり』というテーマで横浜の水源地都留市で活動されている賀川一枝様、水資源機構の井爪宏様にお話を頂きました。
おふたりとも水をキーワードにお仕事をされている中で王滝村ともつながりができ、王滝村の強力なサポーターでもいらっしゃいます。
井爪様は王滝のふるさと村民制度についても、ドンドン外部の人を王滝村につなぐ仕組みを作るべきと、様々なご提案を頂きました。


IMG_0354_R.jpg
次に道志村地域おこし協力隊の大野航輔様に「森林資源の活用」というテーマでお話を頂きました。
大野様は森林・バイオマス関係のコンサルティング会社などを経て山梨県道志村に地域おこし協力隊として着任され、民有林の活用事業、温浴施設への薪ボイラー導入など進めていらっしゃいます。
地域でバイオマス事業に取り組むメリットをアツく、論理的に語って頂きました。


IMG_0351_R.jpg
最後は「災害復興から考える地域づくり」ということで、中越地震以降、中越地域の山村復興プロジェクトなどに携わって来られた、中越防災安全推進機構の阿部巧様にお話を頂きました。
「災害は地域に元々あった課題を浮き彫りにするので、しっかりそれらを見つめなおして、地域でまとまっていくキッカケにすべき。」というお話はとても勉強になりました。
現場で活動されているので、説得力のあるとても楽しいお話でした。


考える集いの中では、村民や役場の職員の方からもご意見や質問をいただきながら、様々なアイデアが飛び出しました。
今回にとどまらず、今後も王滝のむらづくりを楽しく考えられるような場作りを進めていきたいと思います。

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2015.01.29 Thu
【2/21~22】極寒サバイバルキャンプ開催します!!
平成27年2月21日(土)~22日(日)の1泊2日で、公益財団法人おんたけ休暇村さんとの共同企画として、

「さよなら文明 極寒サバイバルキャンプ!!in王滝」 
~耐えしのげるのは何人いるズラ?!~

を開催します。

ツアーのメインプログラム、極寒体験中は、携帯電話・時計・カメラの使用を禁止!

おんたけ休暇村キャンプ場でスノーシューやBBQ、キャンプファイヤーなど大人の本気雪遊びを体験します。
そして…宿泊場所は雪上テント!!!

もしかしたら気温は15~20℃になるかも… ※注 もちろんマイナスです

極寒を耐え抜いた翌日は、おんたけ休暇村のセントラルロッジの大浴場でゆったり入浴。
その後は、そば打ち体験をしてゆっくり過ごして頂く予定です。

企画事業者はおんたけ休暇村さんになっていますので、そちらのホームページから詳細や申し込み方法をご確認下さい。

元気なワカモノのみなさんぜひご参加ください!

おんたけ休暇村ツアーインフォメーション

IMG_3154_R.jpg

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2015.01.20 Tue
夢新聞ワークショップ開催しました!
1月17日土曜日に「第6回王滝のみらいを考える集い」(主催:NPO法人自然科学研究所)を開催しました!
本取り組みは地域おこし協力隊高尾と、村内のNPOが共同で開催しているものです。

今回はいつもと趣向を変えて「親子向け」のワークショップを行ないました。
講師は一般社団法人ドリームペーパープロジェクトのみなさん!

全国で「自分の夢が叶ったことを伝える未来の日付の新聞」を作るワークショップを展開し、子どもたちが夢に付いて考え、お父さん・お母さんに感謝する場作りをされています。
東日本大震災の時に被災地で長野県辰野町の新聞屋さんが始めたのがキッカケで広まり、現在は一般社団法人化してワークショップのスキルを広める活動をしています。


そんな夢新聞ワークショップですが、今回は【木曽初開催】!!

なかなか魅力を言葉で説明するのが難しかったですが、王滝・木曽町の親子に集まってもらうことができました。
(実は王滝村ではインフルエンザが流行っていて、その点でも今回は大変でした…)

P1171633_R.jpg
夢新聞スタート!!講師のスネ夫先生が楽しくアイスブレークをしてくれます

P1171638_R.jpg
こちらは、夢新聞の作成風景。
記事見出し→絵→記事文面の順で作っていきますが、ステップが進むと講師から指令書が渡されゲーム感覚で子どもたちも楽しみながら作っていきます。

P1171636_R.jpg
こちらは兄弟で参加!
お母さんたちも自分の子どもの夢にびっくりしたり、感心したり…


P1171647_R.jpg
こちらは最後の集合写真!
みんなそれぞれステキな夢新聞ができました!

「〇〇氏が直木賞受賞!」
「〇〇さんが世界1のマジシャンに」
「〇〇さん、サービス業になる」

など楽しい新聞見出しがいっぱい…でした


約3時間のワークショップでは親子に分かれる時間があったり、工夫が沢山ありました。
最後には子どもたちの夢新聞をみて話を聞いて、涙を流されるお母さんもたくさん…親子の絆を深めるとっても良い機会になったと思います。

みんなの夢が叶いますように!!


イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.09 Tue
すんきコンクール
みなさま、こんにちは☆
12/5(金)、木曽合同庁舎にて「すんきコンクール」が開催されました。

すんき1

木曽農業普及センターの方から「物販でひだみこおひぃを出店しませんか?」と声をかけて頂きました。
復興支援で、すんき以外も出店してよいとの事だったので、ひだみこおひぃとサブレを出しました。

すんき2

パネルディスカッションでは、失敗しないすんきの作り方など聞けて勉強になりました。
試食では、それぞれ色も味も違い、PHと酸っぱさが必ずしも比例しないのも面白かったです。

初めてすんきそばを食べましたが、美味しかったです

ひだみこおひぃは、持ち運びやすく賞味期限も長いので販売がしやすいです。
今後も、イベントの物販に参加していこうと思います!

平松でした

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。